dum vivimus vivamus

dum vivimus vivamus 〜生きてる限りは楽しもう〜

★【Amed GOOD KARMA】〜今度こそコロッケと隣の崖の上の傾斜カフェ〜アメッドのグッドカルマに 泊ま ったのさ。その③【BALI レストラン】

time 2013/10/31

★【Amed GOOD KARMA】〜今度こそコロッケと隣の崖の上の傾斜カフェ〜アメッドのグッドカルマに 泊ま ったのさ。その③【BALI レストラン】

よーやくコロッケネタです。

お待たせしました。(誰も待ってない)

グッドカルマにはレストランが併設されてます。つーか、周り何もないから(夜なんて真っ暗すぎて出かける気もおきんw)ここで食べるしかほぼ選択肢がないんだが、ここのレストラン侮れない。

まず何と言っても

コロッケー。

これマジウマ。

あとなー。うっかり頼むの忘れてたがカツオのたたきオススメ(タイチョーより)だ。

初めて告白するが、数年前まで

【カツオのハタキ】だと思ってたwww.

そんなのどーでもいいw

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜があけたぞー

今回グッドカルマに泊まった最大の理由はここの浜から見る朝日が13年経った今でも脳裏から離れないから。

泊まった時期が確か2月くらいだったからたぶん見える感じとかも違うと思うが、やっぱ感動的だぜ。

→本当はもっと早い時間に起きて浜でスタンバイしてる予定だったが、まさかの二度寝www.

あーもー。

また訪れる理由作ってしもたw

からの朝食

黒米のお粥?コーヒーじゃない。

甘くておしるこみたいだった。

白玉入れたら、ガチおしるこ風だぜ。

うまい。

レストランから見る景色

(カランカランと木のBGM付き)

たぶん

こいつと

こいつから音が出てたと思うwww.

出発前の最後の散策

グッドカルマの浜を歩いてて発見。

ん?

なんじゃ。これ?

気になる。

ということで、道路伝いに探検開始

入り口。

中に入るとカフェ?

西側もー

東側もー

景色素晴らしい。

さ。中へ

まだ建築中だった。

ちゃんと、もちろん、

中にいた人に許可とりましたよー

まず

浜からみた写真の左側のコテージ

室内w

いやいや工事中だからな。

コテージから見える景色。

グッドカルマの浜を一望。

続いて、

浜からみた写真の右側のコテージ

こっちのがちょっと大きそう。

室内からの景色。

そしてー

トイレwww.

なんだか、総合的に気持ちよさそうw

どちらの部屋も朝日がすごく綺麗に

見えるんだろうなー。

逆を返せば、眩しくて早起きできそうwww.

ちなみに侵入時

(だから許可取ったつーのw)

終始犬に吠えらておりましたwww.

あのー

この写真見て気がつかない?

遠目から

さらに拡大。

傾いてるwww.

去年訪れたときに気になって気になって気になってしまったので、ここに来るのが今回アメッドに来たかった理由のひとつである。

去年はコテージ気がつかなかった。

よし。これからここは、

「崖の上の傾斜カフェ」と呼ぼう。

だから、勝手に名付けるなつーのwww.

前からこの茅葺の建物は出来ていたが、どーも警察だか消防の人だか忘れちゃったけど、確認しに来た模様www.

だからオープンできないのか、コテージと同時オープンを考えてるのかは謎である。

中に入れば、ナナメ感は全く感じなかった。風が抜けて気持ちいいレストランになるでしょう。

グッドカルマに戻ったら、

漁師から魚を買っていた。

7キロ弱。

今日のメニューにこの魚の料理が

提供されるのであろう。

てか7キロには見えない持ち方と笑顔www.

次回は、こちらをビーチクラブ代わりにおさえて、別に蚊帳使わないで泊まれるところも予約して行こうと思う。

消してダメではない。

根性不足とヴィラ的な作りの宿泊が

苦手だからです。

朝陽、海、夕焼け、食事、雰囲気。

お値段以上の価値ありと思う。

※あくまでも個人の感想です。

※以上2013年10月時点の記録及び記憶であります。

sponsored link

関連記事

Thomas

Thomas

bloggerから、こちらに移って完全移行目指してましたが、断念www

sponsored link