dum vivimus vivamus

dum vivimus vivamus 〜生きてる限りは楽しもう〜

★【バリ島ホテル】LOVE LOVE LOVE〜愛が止まらない〜バリでラブホに泊まったのさ。【Love Fashion Hotel BALI】

time 2015/04/30

★【バリ島ホテル】LOVE LOVE LOVE〜愛が止まらない〜バリでラブホに泊まったのさ。【Love Fashion Hotel BALI】

ラブホテル。通称ラブホ。

こんなゴージャスなはばたく翼椅子がロビーに並んでお出迎え。

はい。その通り。

完全に名前で興味持って泊まりましたwww

ロビー。

(大昔に連れてかれた、AKASAKAとかデンパサールのカフェ(KAFE)を思い出したわいw)

出会いは昨年夏、久々通過したレギャン通りでこちらを見つけて、もう釘付け。

次回は絶対泊まってやると心に熱く刻まれたホテル(だから名前だけwww)

すいません。ラブホの関係者さま。

正式名称は

【LOVE fashion HOTEL】

ラブファッションホテルと言います。

場所的に言うと、

ヴィラデダウン(villa de daun)のエントランスへ行く細道とたぶん昔マタハリとマックがあった(今はスタバがある)ビルの間にあります。

日本では、ラブホといえばうっふんな所なわけで、そもそもそういうホテルではないのはもちろん承知の上で、ぶっちゃけ全然期待しないで泊まったんですが、泊まってみれば、チェックアウト後には満足度の高さに入口で土下座で謝って来ました。(ウソ)

さて、チェックインは深夜0時前。(日本時間、午前1時)

上の写真の羽椅子がまず目に入り、

そして、レセプション。

もはやバリでないwww

ようこそ飲料。

お部屋の準備ができたとのことで、

部屋(2階)へ向かいます。

フロアマップ

ロビーはファッションて言うくらいで

ランウェイあり〼。

絶対ここでファッションショーごっこやヴィダルサスーンごっこ(は?)する人いるはずwww

(てか、ひとりだったからやらなかったけど、誰かと泊まったら絶対やってたwww)

2階でおりて部屋へ向かいます。

部屋は2カテゴリー。

ファッションだけに

Slim & FitとFashion Suite

入室。

Slim & Fitに宿泊。

Skinnyではない。確かにSlim & Fitでした。

ひとりなら、狭くない。

なんていうか、

スキニーの股上の深さはなく、Slim & Fitの股上の浅さとでもいうのでしょうか?

Slim & Fitだから太もも太くても履けるみたいな(全く意味不明wwww)。

ちなみに冷蔵庫の中のジュースはfreeとのこと。

バスルームとセーフティボックス

このサンダルもらって良い?

て、ポーターさんに聞いて了承いただき持ち帰る。

(てか、ビーサン持ち帰り可能でした。)

普段、アメニティーを欲しいとも思わんし、持って帰るなんてしないのに、なんでか欲しいと思ったんです。

んー。人生は道ですな。まさかのこのサンダルがのちのち、

この旅で大活躍することとなるとは思わんかった!

て、疲れてたみたいで、すぐ爆睡w

※ただし、

ここの最上階には愛の酒場(love bar)があるので、結構夜遅くまで

ズンシャカ聞こえてきます。静かに過ごしたい方には不向きかもです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、翌朝。

部屋からの景色を確認。

お隣ホテルヴューww

でもお出かけ隊には問題なし。

朝食前に昼までには次のホテルに向かうため、館内パトロール出動します。

まずは、最上階の愛の酒場(love bar)と

ひとつ下の階のブクブク酒場(Jacuzzi bar)を偵察。

《愛の酒場》

やはりランウェイがww

(夜のぞきに行ったら、大爆音の中、綺麗なおねいさん達がランウェイ闊歩しとりました)

《ブクブク酒場》※朝の為ブクブクなし。

そう。この突き出てるのなに?

愛の酒場直通エレベーターですw

しかし屋上は良い。

他に

1階には、プール、愛の店(love store)

2階には、愛の喫茶店、愛の手術による施術室(love spa)なんかもございました。

朝食は1階に

ブラックダイアモンド(レギャン通り側)

とホワイトダイアモンド(奥のプール側)

っていうレストランがあって、

ブラックダイアモンドの方が

朝食会場です。

お食事の方は、一通り試してみました。種類もあるし、悪くない。

ものすごい良いとは言えないが。。。(あくまでも個人的感想)

ひとつ言えるのは、

食器が全部ダイヤモンド型www

カップは飲みやすそうで、

意外と飲みづらいwww

名前だけで泊まってみたものの、5,000円前後のホテルでこの立地が良いか悪いかといえば、賛否分かれる(交通アクセスはいいけど、レギャン通りは一通だし、なんせ渋滞が。。。)かもですが、施設も充実しすぎてるし、このホテル良いです。マジ。

チェックアウトの時もだけど、レセプションスタッフの動きが気持ちいいくらい機敏なんです。

昼間のレセプションのおねいさんの美しさったら、美しいったらありゃしないです。

なかなか、クタあたりで泊まることは

ないのですが、また機会があれば、また泊まりたい!

追伸。なんでこんなに写真があるかというと初日で元気モリモリだったためですwww

《Love Fashion Hotel》
Jalan Raya Legian NO.121, Kuta Badung 80361 Bali Indonesia

+62-36-8496-688

info@lovefhotels.com

webサイト(ここ)クリック

以上、ぜーんぶ2015年4月時点の記録と記憶であります。

 

sponsored link

Thomas

Thomas

bloggerから、こちらに移って完全移行目指してましたが、断念www

sponsored link