dum vivimus vivamus

dum vivimus vivamus 〜生きてる限りは楽しもう〜

★【ジャカルタからバリに国内線de到着】バリについたぜ!よーろれっりふぉー♪てか、タクシーカウンターはどこにあるのか調べるの忘れてちょっとドキドキ到着だったのさ。【ジャカルタ→デンパサール】

time 2015/04/30

★【ジャカルタからバリに国内線de到着】バリについたぜ!よーろれっりふぉー♪てか、タクシーカウンターはどこにあるのか調べるの忘れてちょっとドキドキ到着だったのさ。【ジャカルタ→デンパサール】

ちょうど、夕焼け時間だったんだけど、

めっちゃ綺麗なスカルノハッタ国際空港ターミナル3からの夕焼け。

さて、成田からおJAL便でジャカルタ・スカルハッタ国際空港に到着して、

ターミナル2からターミナル3に移動したところまでアップした続きで

エアアジアでジャカルタからバリに向かい、

デンパサール空港で到着ロに出るとこまで記録したいと思います。

シャトルバスからおりたら、

まず、荷物のバランシング(は?)をしてから、チェックインカウンターへ。

(は?=おJALは無料で46キロ。エアアジアは40キロの受託荷物分を別途事前購入しました。)

さ。バランシングも終わったので、セキュリティを通過し、

チェックインカウンターへ向かいます。

セキュリティチェックが終わると、同じデザインでカウンターが並んでいます。

いわゆる伊勢丹方式です。

セキュリティチェック入ってすぐは、

Lion Airなので、LIONさんに乗られる方はこちらで。

今回搭乗するエアアジアはセキュリティチェックを背にして左側になります。

はい。これが、エアアジアのカウンター。

この、伊勢丹方式なんだが、

あちらは商品をよりよく見せるためだからいいけど、

お得意のギトギトの装飾をされて分かりやすくされたらいかがでしょうか?wwww

LIONもエアアジアもinternationalとdomesticにそれぞれ分かれてるので、

domesticカウンターに並ぶ。

バランシング失敗wwww 1キロオーバー。

コンベアーに乗って、荷物を詰め直すwwwwww。

(正しくは戻してくれって頼んだら、コンベヤに乗ってやってと言われたwwwww)

さぁて、チェックイン完了後、

搭乗時間を案内してくれる。

※この数字の5は、何番のゾーンで待ってろて案内なので、忘れずにね。

そのまま更に左へ進みボーディングゲートへ、

1階が広場になっていてこちらから、2階へ進みます。

これが、スカルハッタか?と目を疑うくらい綺麗やで。

奥に進むと、エスカレーターがあるので、

もう一度言います。

これが、スカルハッタかてくらい綺麗やで。

両サイドにカフェやお土産物屋さんがあります。スタバもあるし。

この先が搭乗ゲートになる。

ちなみに

エスカレーター上がってすぐ左側に、無料喫煙所あり。

さてさて、

搭乗のお時間が近づいてきたので、搭乗ゲートに進みます。

スタバで時間潰すのがいいとおもわれ。

あんまり早く行ってしまうと、何もなにので、つまんないwwwww

このように

入り口がinternationalとdomesticにわかれているので

domesticの入り口へ進みます。

もう一回セキュリティーチェック。

指定のゾーンへ進みます。

今回は5だったので、

ゾーン5の近くの椅子に座って待つ。

搭乗開始になると、

このモニターに

表示とアナウンスがされるのでみんながワサワサ動き出しますから、

ついていきましょう。

はっきり言って分かりにくいw

今回はGATE C。

もし仮に間違ってたら、ここで違う言ってくれるはずwwww

そして

バスに乗って

いよいよ搭乗です。

えーーーー。

せまっwwwww

ラッキーにもお隣2席空いてたので、横になって爆睡wwww。

ただね。

写真だとわかりづらいんだけど、

今週の第一位は、南野陽子さんです!

ザ・ベストテン!!!!

てくらい、ナンノが出てきて歌い出してしまいそうなくらい

ドライアイスばりに冷気がガツガツ出てて、寒い寒いwwww

(すいません意味不でw)

長袖必須でつwwwwww

爆睡してたので、あっ

と。いうまにバリに到着。

いやいや、エアアジア。マジで寒かったしwwww

到着口へ向かいます。

(ボケボケwwww)

ここまで来れば、

後からついてけば大丈夫なんだが、

到着ロビーへ

カートはここ。

道なりに進んで行く。

てかさー

なにこの高級ホテルのレセプションの壁みたいなの。

あのボロい空港だったことが嘘のようwwwww

ちょっと、おぉ思ったのは、

よくわからない、両替カウンターはなくなり銀行のカウンターに変わってた。

現地通過をデビットカードで到着後にATMで引き出す僕にとって、

とっても便利になったし。

明朗会計な感じで好感がもてる。

そして、一番気になってたタクシーカウンター。

出て右。

以上wwww

→ここ数回、お迎えつきで、変わってから初めての自力移動で不安だったが、

なんの問題もなしだった。

ただ、以前と少し変わっていて

料金の支払いはタクシードライバーに支払に変更になってました。

あと、到着そうそう、バリの物価が上がったことを実感。

だってエアポート→クタで15万ルピアだって。

(最後の記憶(相当昔)6万くらいだったもん。)

何度も聞き返してしまったよwwww

何度聞いても、ワンハンドレットフィフティタウザン言われたしwwww

つーことで、sAdaaan!空港で待ってるぜー!!!

以上、ぜーんぶ2015年4月時点の記録と記憶でつ。

sponsored link

関連記事

Thomas

Thomas

bloggerから、こちらに移って完全移行目指してましたが、断念www

sponsored link