dum vivimus vivamus

dum vivimus vivamus 〜生きてる限りは楽しもう〜

★【 バイクdeブーンとバリ島探検シリーズ⑥】夕陽を見るためだけに海上高速道路を行って帰ってまたふりだしに戻って予想外に良かったデヴタンショーをみ て、もいちど海上高速道路を走ったのさ。【SUNSET-BALI】

time 2014/05/12

だからー。タイトル長すぎるからwwww

今夜はヌサデゥアシアターでデヴタンショーだぜー!
たいちょーがもらったチケットで行かせていただきました。
行くか?って誘われて何のショーだかわかんなかったが
A席85ドルと聞いて

完全値段につられw、もちろん二つ返事で。
というか、むしろ懇願させていただき連れて行ってもらいましたwwww。

つーことで、時は夕方6時前。@ビンギン
まー普通に6:45の開場には間に合う。
ここもこの時間に通るの初めてだったが、なかなかじゃないですか。

 し





開場までの一時間くらいの間に

海上道路のヌサドゥアゲートから

ングラライゲートまで、行って

も一度、ヌサドゥアゲートに

戻って来て、Devdan showを観にいくという
若干無謀な計画を決行。

何がしたいかと言うと。海上道路の夕陽が綺麗だと噂を聞きつけ、
やって来たのでR。

さぁ。ヌサドゥアゲートから入りまーす。

さぁ。Are you ready?
yAyyyyy‼︎
めっちゃ綺麗なサンセットじゃないですかぁぁぁぁ。

干潮時間だから、大きな水鏡。

おそらく、西側のビーチも

相当綺麗だろう。

バリで一番好きなのは

夕陽なんです。

海上道路なんて。。。。。なんて思ってたけど、

新しいバリの一面を見れました。

楽しいことばっかりじゃない。

ムカつくことの方が多い。

いや。ムカつくことだらけのこの島。

こんな夕陽見せられると、

許せちゃう。

ズルいよねーバリってwww。

つーことで、ングラライゲート到着。

恐怖のクルリンパを

クルリンパして

また

ヌサドゥアゲートに戻りまーすw

かなり陽がくれた。もうすぐ、夜のはじまり。



はーい。

とーちゃーく。

て。実は、

散々、バリに来てるわりに始めて入ります。ヌサドゥアwww.


チェックもあるし。

おっと。ここもクルリンパが

きたーきたーきたーきたー

カメラ撮られ慣れてるとしか思えないこの表情を出すお兄さんのお出迎えを受け(恐らく4桁は撮影いってる笑顔)

いざ入場!!!!


劇場内は撮影禁止だったので、写真はないですが、

あのー。想像以上に面白かった。これ。

絶対寝ちゃうと思ったけど、最後までちゃーんと観た。

インドネシアのいろんなエリアのダンスを飽きない程度の時間で
ちょっとづつ観れて良かった。

あとは、ツムライリュージョンみたいにホワイトタイガーの目からビームが出て来たりするとさらに良かった。
(ホワイトタイガーは一切出てきませんwww)

最後は出演者のみなさんと記念撮影できまーす。
(やっぱり真ん中の兄ちゃんのカメラ撮られ慣れレベルはかなりハイレベルwww)

そしてスタバ休憩して


も一度

海上高速にのって帰ったのさ。

夜の海上高速もなかなかである。

devdan show
web:ここをクリック

3回乗った証拠。

あー今日も楽しかった。後日、このマニアックトリップwithたいちょー
(集合12:00-解散23:00ころ)については、一日かけて、なにやってんじゃwていう一つにまとめたトピをアップしたいと思っております。

以上、ぜーんぶ2014年5月時点の記録でR

sponsored link

関連記事

Thomas

Thomas

bloggerから、こちらに移って完全移行目指してましたが、断念www

sponsored link